2021年05月02日

たくさん出ている画面の切り替え

computer_keyboard_black.png

たくさんの機能を同時に使用している時…
例えば、インターネットをしながら、ワードやエクセルで書類を作って
いたり、たくさんのファイルを同時にひらいていたり…
一番前にあるのは今作業している画面なのですが、後ろに隠れて
しまっている画面を前に出したい!

教室での講座ではタスクバー(画面の下部にあるバー)に表示されて
いるボタンで、表示させたいものをクリックすると、表示させたい画面が
前面に出てくる。というやり方でしたね?

今回は少し別の方法でこの画面の切り替えをしていきたいと思います。
使うものはマウスではなく、キーボードの[Alt(オルト)]キーと
[Tab(タブ)]キーです。[Alt]キーは一番手前の列にあり、[Tab]キーは
キーボードの左端にあります。探してみましょう。

いくつか画面を開いた状態で[Alt]キーを押したまま[Tab]キーを押して
みましょう。そして[Tab]キーだけを離します。[Alt]キーは押したままに
して下さい。
すると、画面中央にアイコンが表示され、デスクトップに何が表示され
ているのかが解るようになります。
そのまま[Alt]キーを離さずに何回か[Tab]キーを押してみましょう。
アイコンを囲っている枠が移動しますね。
枠が、前面に出したいウィンドウのアイコンを囲ったら[Alt]キーを離しましょう。
画面が切り替わりましたか?

キーボードだけで操作できるので、簡単です。
是非チャレンジしてみて下さい。

「初心者からMOSの資格取得までのパソコン教室 東京都府中市 パソコン市民IT講座」
posted by 府中けやき at 11:14| 教室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする