2020年11月07日

Win10でタッチパッドを無効にする方法

ノートパソコンを使っている時に、気づいたらカーソルが移動していて思ったように操作できない!なんてことはありませんか。

ノートパソコンにはマウスがなくてもマウスと同じように操作できる「タッチパッド」がついています。とても便利なのですが、感度が良すぎて知らないうちに反応してしまうこともありがちです。

この誤操作を防ぐためにタッチパッドの機能を無効にすることができます。ただ、単に無効にするのではなく、例えばが外でPCを使うときにはタッチパッドを使用し、マウスを使っているときだけ無効にする、という設定ができます。

タッチパッド.png パソコン.png


やり方は、Widnwosキー → 設定 → デバイス → タッチパッド → 「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外します。
タッチパッドの誤操作で悩んでいる方はぜひお試しくださいね

「初心者からMOSの資格取得までのパソコン教室 東京都府中市 パソコン市民IT講座」
posted by 府中けやき at 14:21| インストラクター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする