2018年05月16日

Officeソフトの個人情報

エクセルやワード、パワーポイント等のOfficeソフトは、ファイルを保存したときに、Officeを登録した時の名前が情報として自動的に入るようになっていること、ご存じですか。

ファイルに自分の名前が入っていても気にならなければ大丈夫ですが、エクセルやワードで作ったファイルを誰かに渡す時、自分の名前が入っているのは嫌だと思っている場合は、その情報を削除することができます。


保存したファイルを開いて、ファイル→情報 とクリックしていくと、関連ユーザーの作成者と最終更新者が表示されます。これは最初に登録したときの名前が表示されます。

エクセル.png



削除のやり方は、情報⇒ドキュメント検査(→ワードの場合、ドキュメント検査:エクセルの場合はブックの検査)※メッセージがでてきたらはいをクリックします。

ドキュメントのプロパティと個人情報にチェックがはいっているのを確認して 検査→すべて削除 とクリックしていきます。

ドキュメント.png


このことを毎回やるのがたいへんな場合は、上記の手順をおこなったあと、例えばワードであれば、ワード→ファイル→オプション→セキュリティーセンタ→セキュリティセンターの設定→プライバシーオプション→ドキュメント固有の設定→ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除するにチェックをいれます。


すると個人情報を削除した状態で保存されます。自分が作成したファイルを誰かに渡す機会がある方は、一度設定を確認してみてはいかがでしょうか

「初心者からMOSの資格取得までのパソコン教室 東京都府中市 パソコン市民IT講座」


posted by 府中けやき at 15:12| 教室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする